紫外線カット効果

太陽光と紫外線

私たちに降り注ぐ太陽光線は大きく、赤外線、可視光線、そして紫外線の3つに分類されます。 熱的な作用を持つ赤外線に対し、紫外線は化学的な作用を持っています。 そのため、紫外線は化学線とも呼ばれています。 また紫外線自身も波長によって、UV-A、UV-B、UV-Cの3つに分類され、その作用も異なります。 太陽光と紫外線
名称/波長 人体への影響
UV-A
(400~315nm)
日焼けを起こすことはありませんが、皮膚の奥に浸透します。細胞機能を活性化させる反面、皮膚の加齢促進(シワ・シミ)、などに影響を及ぼすといわれる光線です。
UV-B
(315~280nm)
DNAレベルでの突然変異を引き起こす危険性のある光線です。 皮膚ガンの発症、白内障・紫外眼炎といった目への影響が懸念されています。
オゾンホール・オゾン層の破壊が懸念される大きな理由の一つです。
UV-C
(280nm未満)
強い殺菌作用があり、生物に対する危険性が最も高い光線ですが、大気層(オゾン層や空気中の酸素分子等)に完全に遮られ、地表に届きません。

紫外線と人体への影響

紫外線の化学的な作用として、ビタミンDの生成や新陳代謝の促進など、人体に有益な効果をもたらす反面、長時間に渡り浴び続けると皮膚・目・免疫系に急性もしくは慢性の疾患を引き起こす可能性があります。 人体への影響

成層圏のオゾン層が1%減少し、紫外線が増加した場合の健康被害シミュレーション

症 状 現在の状況 オゾン層が1%減少した場合
皮膚ガン・悪性黒色腫 現在の発生率(%) 2%上昇
その他の皮膚ガン 年間50万人発症 年間1.6万人上昇
皮膚ガン・白内障 失明者1,700万人(年間)
内紫外線が原因と考えられるもの20%(340万人)
年間10~15万人上昇

インテリアの素材の褪色劣化

インテリアの素材の褪色劣化 家具や畳、床などインテリアの素材が褪色劣化(日焼けなど)は、紫外線が原因だと思われがちですが、実は大きく分類すると可視光線・日射熱、そして紫外線が挙げられます。 この内、紫外線が占める割合は約40%と言われています。

LGフィルムのUVカット効果

LGフィルムのUVカット効果 弊社のLGフィルムには全て紫外線/UVカット効果(95~99%)があります。 LGフィルムを貼ることで紫外線が屋内に侵入するのを防ぎ、紫外線による人体への影響を予防し、家具等のインテリアの退色劣化を軽減できます。

新聞紙での簡易実験

新聞紙での簡易実験 新聞紙の一部にLG440を貼りつけ、直射日光のあたる場所に三日間放置した結果。

貼り付けた個所以外は退色したものの、LG440を貼った部分は退色しませんでした。

蛍光灯と紫外線 〜防虫効果〜

防虫効果 ご存じでしょうか? 実は蛍光灯からも紫外線が発生しているのです。 様々な虫が活発に活動する夏場、窓に張り付いていたり、屋内に入ってきたりします。 実はこの多くが、外に漏れる蛍光灯の紫外線に引き寄せられてくるのです。 つまり、UVカット効果のあるフィルムを貼ると外側から内側に入るUVはもちろん、 内側から外側に出ているUVもカットできるので、UVに寄って来る虫を防ぐことが出来ます。