防犯効果

誰も予測していない。でも、誰にでも起こりうる危険。

泥棒 毎日のように流れる凶悪で異常な犯罪のニュース。 その影に隠れ、増減を繰り返しながらも、決して無くならない最も私たちに身近な犯罪・・・ 侵入盗、いわゆる“泥棒”です。
近年、最も恐ろしいのは、ただの泥棒が強盗、さらには 殺人事件に発展するケースが増えてきた事です。
発展

最新の侵入犯罪事情

約3分に1件
平成19年の侵入窃盗認知件数は、17万5,728件(※1)

※1 認知件数とは、あくまで被害届けが提出されている件数であり、 実際は少なくとも倍以上と考えられます。
侵入経路と侵入手段

侵入を諦めるまでの時間

泥棒は、人の目や音を気にすることはもちろん、侵入するのに時間がかかることを非常に嫌います。「ライフガード」なら窓ガラスの内面に貼るだけで、ガラスを破りにくくして、泥棒の侵入を諦めさすことができます。

これからの対策

入らせない対策

これまで「防犯対策」と言えば、警備保障との契約が真っ先に浮かびます。警報で人が駆け付けてくれるシステムは心強いものです。しかし、泥棒が凶悪犯に変わる今日、入られてからでは遅いのです。
だからこそ「入らせない対策」が必要となります。

今あるガラスに貼るだけで

ライフガードフィルムは今あるガラスに貼るだけでガラスを強化して、 泥棒の嫌う時間と手間を掛けさせて、侵入を諦めさせる商品です。